封筒と切手は抜群の相性のものをチョイスしたい!

ディスカウントショップ等で、100枚入り等のお得な定形用封筒が売っています。これを切手と組み合わせることで、定形郵便を送ることができるのです。 最大の特徴は、一般的な手紙用カラー封筒を買わなくても、手書きの信書が送れるということです。 また、定形郵便は、25グラムまで82円切手、50グラムまで92円分の切手で送れて、手紙数枚程度なら、たいてい余裕です。チケットやトレーディングカードにも最適で、厚さ制限が1cmである点も、工夫次第で気になりません。 送る内容やアイテムを重要視するなら、封筒と切手の費用は、格安です。遠距離にいる相手となら、実際に会うのに交通費もすこぶる必要です。比較になりませんので、改めて郵便の重要性を認識させられます。 定形の封筒は狭いため、住所を書いていくときに、切手を貼ることができるスペースを、左上に残しておく必要があります。切手はのり付けしても良いですし、水を少し付けて貼っても大丈夫です。身近な封筒は、流通やコミュニケーションにとても便利なのです。

知らない人は損してるなあと思うクチコミがあります

中国切手、お持ちですか?

中国切手、お持ちですか?